赤ちゃん

乳児湿疹は日頃のケアが大切|保湿や加湿で対策

赤ちゃんの肌を守るために

赤ん坊

赤ちゃんの肌は繊細

乳児湿疹とは、赤ちゃんが生まれてから1歳になるくらいまでの期間に現れる湿疹のことを言います。赤ちゃんは大人と比べて湿疹が起こりやすいと言われています。赤ちゃんは大きくなるために新陳代謝が活発で、さらにはお母さんのおっぱいからもらう女性ホルモンの影響もあって皮脂がたくさん分泌されます。しかしながら、まだまだ生まれたばかりで毛穴が小さいので、どうしてもそこに皮脂がたまってしまいやすくなっています。また赤ちゃんの肌の角質が大人のものと比べて薄いことも主な要因のひとつです。肌の角質には潤いを保ったり、有害な物質から肌を守ったりする働きがありますが、これが赤ちゃんの場合はまだまだ薄いのでどうしてもダメージを受けやすくなってしまいます。

日頃から気をつけよう

乳児湿疹といってもその原因はさまざまです。赤ちゃんに何か異変を感じたら自分で乳児湿疹と決めつけるのではなく、まずは医療機関にかかって診てもらうことが大切です。また乳児湿疹は日頃から気をつけることで十分防ぐことができます。例えば皮脂の分泌が多い時には、その皮脂をガーゼなどの柔らかい布を使ってふいてあげたり、皮脂のついて洋服を着替えさせてあげるようにすると効果的です。また、肌が乾燥をしている時には、ベビーローションや保湿クリームをこまめに塗ってあげることで潤いを保つことができます。お風呂に入った後はどうしても肌が乾燥しがちになるため、しっかりとケアをすることが大切です。部屋を加湿をするのも効果的です。

赤ちゃんにできるブツブツ

女性

赤ちゃんの肌にできやすい乳児湿疹は、ブツブツが集中してしまい赤くなってしまうこともあります。このような症状に対しては清潔にしていくことが大事で、お風呂などで低刺激なボディソープで優しく洗ってあげるのがいいです。赤ちゃん専用のボディソープやクリームにこだわるなどして、対策を行っていくことです。

もっと見る

赤ちゃんの肌荒れ

母親と赤ちゃん

乳児湿疹とは、生後すぐから1歳から2歳くらいまでの赤ちゃんにでる肌トラブルの総称です。皮脂が多いため発生するものについては入浴時のケアなどでよくなりますが、アトピー性皮膚炎などは自己流では完治しないため注意する必要があります。夏場にはこまめな着替えやシャワーが効果的です。

もっと見る

赤ちゃんの健康を守る

自然

乳児湿疹は、生後2週間ぐらいすると出てくる赤ちゃん特有の肌トラブルのことです。乾燥すると痒みが強くなり、余計肌のバリア機能が下がるので保湿を心がけて寝具や衣類も低刺激性で柔らかいものにすると良いと言われています。

もっと見る