赤ちゃん

乳児湿疹は日頃のケアが大切|保湿や加湿で対策

赤ちゃんの健康を守る

自然

ベビー用の保湿剤を使う

乳児湿疹とは、大体生後2週間が経つ頃に出てくると言われる、赤ちゃん特有の肌トラブルのことを言います。赤ちゃんは、大人と違ってまだ肌のバリア機能が正常に保たれていない状態であり、ちょっとしたことで乳児湿疹が出ることがあります。多くの場合は、皮膚は赤くなり痒みを伴い乾燥しがちになります。乾燥すればするほど、痒みは強くなる傾向にあるため、ベビー用の保湿剤をしっかりと塗って肌を保護し乾燥しないようにすることが大切です。ベビー用の保湿剤は、低刺激性で肌本来が持つバリア機能を高めてくれるものが多いため、常に皮膚を清潔な状態にして保湿を心がければ、多くの場合は重症化することはなく自然と治ると言われています。

衣類や寝具の素材に注意

乳児湿疹は、あらゆるものが原因として考えられます。汗がたまることで起きるあせもやオムツによるかぶれ、食べ物によるアレルギーなど、様々なものがあります。しっかりと観察をすることで、何が原因で乳児湿疹が出るのか把握することが出来ますが、場合によっては原因不明であることもあります。症状が長引くようであれば、皮膚科や小児科などを受診する必要がありますが衣類や寝具の素材に気を付けるだけでも症状の悪化を防ぐことが出来ると言われています。赤ちゃんは夏でなくても体温が高いため年中汗をかきやすく、寝ていることが多いため衣類や寝具の摩擦による刺激を受けることも多いとされています。そこで、衣類や寝具の素材を低刺激で柔らかいものを使うと良いと言われています。